貸店舗は不動産屋を利用しよう|理想のライフを過ごす場所|目的に合わせて選ぶ不動産

理想のライフを過ごす場所|目的に合わせて選ぶ不動産

貸店舗は不動産屋を利用しよう

間取り

貸店舗を借りてお店を開きたい時は、まず不動産屋に行き希望条件に合った物件を探すのが一般的です。もちろん最終的には不動産屋で契約し、店舗として利用するわけですが、予め希望する物件を絞り込めた方がスムーズに契約締結に至ります。そこで、予め不動産屋が運営するホームページで、希望条件に合った貸店舗がないかあたりをつけておくと良いでしょう。調べ方は簡単で、一月の賃料や床面積、立地等の情報を選択して検索するだけで、簡単に貸店舗が見つけられるようにサイトがつくられています。そして、いくつかの希望に合った情報を印刷して不動産屋に行くことで、交渉がはかどります。また、不動産屋に行った後もサイトに載ってない貸店舗の情報を得られますが、事前の希望を持っていくことで、似たような物件を紹介してもらいやすくなります。

貸店舗と言っても用途によって規模が変わるため、一月の賃料の相場を簡単に算出することはできません。それに賃料は一般的に都市部は高く、地方は安くなっており、それぞれの地域の中でも駅前のような交通の便が優れた場所は、特に賃料が高くなります。したがって、自分の営業をしたい場所の同じくらいの規模の貸店舗を比較して、高いか低いかを判断することになります。その際地域性も考慮して、同じ地域の物件を比較します。そして、契約にかかる費用は家賃だけではありません。そのほかに、アパートを借りる時と同様、敷金、礼金、管理費用、不動産屋に対する仲介手数料等を払わなければなりません。そのため、契約を考える場合は家賃のみを判断するのではなく、これらの費用も考慮して決めるべきです。